自治体コロナワクチン予約は早朝チェックで最速で受けられる

自治体のコロナワクチン接種を受けるには予約が必要ですが、これが結構先まで空いてないことがあります。一刻も早くワクチンを接種したい人は、毎朝8時くらいにワクチン予約サイトを開いてみてください。結構な確率でキャンセルが出て空きがあります(少なくとも渋谷区の場合)。ワクチン接種予約はたとえ1分前でもできるので、間に合う距離の会場ならサクっと予約して行きましょう。

渋谷区の方なら、僕が運用している渋谷区コロナワクチン当日予約空き通知というツイッターボットをフォローして通知をONにしておくと便利です。キャンセル待ちができます。

渋谷区のワクチン予約システムは株式会社サイシードさんが運用しているようで、同様のシステムは150自治体以上あり、その自治体とURL、自治体コードなど必要な情報は把握しているのですが、ツイッターボットを150個も作るのは現実的ではないため、どうしたものかなと思っています。

ちなみに最初は自分用にはLINEで通知してくれるスクリプトを常時走らせてキャンセル待ちをしました。サイシードさんのシステムは空き情報を取得するだけならクレデンシャル類が一切必要なく、とてもシンプルにハックすることができました。

LINE通知してくれるスクリプトは以下のGitHubで公開しています。

150自治体に対応した当日空き通知のいい感じの実装アイデアがありましたら @akiyan までお知らせ下さいませ。

コメント / トラックバック

コメントは受け付けていません。